今知りたい人も多いであろう医学的な見地から痩せるという事はどんな方法を取るのか

サイトメニュー

痩身施術で減量をする

院内

種類やコースの内容

減量を無計画に続けるよりも、専門家に頼ったほうが継続しやすく成功する確率が高いです。どんなに頑張ってダイエットをしても痩せない、甘いものを食べるのを我慢できないというなら、病院で痩身系の施術を受けるという手段があります。一般の病院でも最近はダイエット外来があるし、美容系ならほとんどのところで痩身施術をしています。ダイエットに役立つ痩身施術は古くからあり、最新バージョンのものも含めると実に多種多様です。脂肪がつきやすいお腹や下半身などを狙ってピンポイントでスリムにするのが部分痩せコースです。食事制限や運動などでのダイエットの場合パーツごとに痩せるのは不可能に近く難しいですが、部分痩せコースならそれが実現します。また、お尻や太ももについたセルライト脂肪を分解するセルライトコースも人気です。セルライトは一度ついたら自分では取れない、老廃物と脂肪の塊です。セルライトコースなら専門のマシンなどで分解できて、サイズもしっかりとダウンします。病院で痩せたとしても油断して太ってしまうと、せっかくした施術がすべて台無しです。そうならないように、ただ一時的に痩せるのではなく「脂肪がつきにくい体質」にしてくれる施術を受けることが大事なポイントです。痩身の専門的な病院なら、一人一人のライフスタイルをチェックして専門家が普段の食生活の指導をしてくれます。さらにローカロリーなダイエットフードを提供している病院もあるので、そうした指導や専門食に頼ればノーリバウンドで体型維持ができます。

美容に特化した病院では美肌や脱毛やアンチエイジングなどの施術メニューの他に、部分痩せやボディ全体のダイエット系の施術ができます。医師がいる病院なので施術は本格的で、自己流ダイエットを続けるよりもずっと早く高い効果があります。脂肪吸引やボトックス注射、マシンによる脂肪細胞の溶解や排出など医療系の痩身施術は実に多岐に渡ります。がっつりと一回で大量の皮下脂肪を取れるのが、極細の専用カニューレで吸引をする脂肪吸引という手術によるダイエット法です。脂肪そのものを器具で吸い取る手術であるため、リバウンドをすることがなく一生そのままの体型を維持することができます。脂肪吸引はとても高効果ですが痛みやダウンタイム、皮膚のたるみなどの副作用がありました。しかし新しいタイプのベイザーリポ脂肪吸引なら痛みが少なく綺麗に脂肪細胞を吸い取ることができて、早い人なら翌日から仕事復帰できます。顔の周りやふくらはぎを一時的に細くできる施術がボトックス注射です。エラ・ボトックスはエラの筋肉に対して効果的に働きかけることができ、骨を切らなくても顔痩せします。ふくらはぎ・ボトックスはひざ下から足首にかけてあるふくらはぎの筋肉を縮めて細くする施術です。運動をしすぎるとふくらはぎの筋肉がこんもりと発達して足全体のバランスが悪くなります。しかしボトックス注射をすれば自然に筋肉が小さくなり、バランスが取れた綺麗な細い美脚になるのでミニスカート姿も綺麗に決まります。なおボトックス注射の持続力は数か月程度なので続けることが大切です。