今知りたい人も多いであろう医学的な見地から痩せるという事はどんな方法を取るのか

サイトメニュー

肥満は複数のタイプがある

女性

専門設備で特徴を把握する

健康志向の高まりで身長に合わせた体形に戻すダイエットを行う人が増えていますが、ただ実際にダイエットを実行した人の中で正常な体型に戻れたという人は意外に少ないです。なぜ成功率が少ないのかというと、肥満にはいくつか種類があることです。肥満には主に3つの種類があり、皮下脂肪型と内臓脂肪型に分類されます。皮下脂肪型は皮膚の下に摂取したコレステロールが吸着するタイプで、一般的にセルライトという名称と名付けられています。この皮下脂肪は基本的に前進に吸着しますが、特に重力の影響で下半身につきやすいことから体の形が果物の洋ナシになることから別名洋ナシ型ともいわれているのです。そして内臓脂肪型は摂取したコレステロールが、皮下脂肪だけにとどまらず内蔵周辺にも吸着することです。内蔵に吸着してコレステロールは肥大化を続けることによって、果物のリンゴのような体の形になることから別名リンゴ型と呼ばれます。この2つが一般的な肥満の種類になりますが、もう一つ厄介なのがバナナ型と呼ばれる。これは見た目は正常に見えているのが、筋力が少ないために内臓脂肪型が進行している状態になります。肥満には3つの種類があることが分かったところで、問題なのはそれぞれで対処法が異なるということです。洋ナシ型なのにリンゴ型のやり方をやっても効果は半減するように、それぞれの型に合わせなければダイエットの効果は表れにくいので合わせる必要があります。ただ型以外にも食事や運動メニューなども重要になってくるので、これらをすべて調べて行うには手間がかかりすぎるのです。そこでダイエット成功したいと願う人に利用者が増えているのが、大学病院などの大型施設を利用して行う病院ダイエットです。

病院ダイエットのメリットは、CTなど個人ではできない高度設備を使って検査をしつつ行えることです。専門設備を使って皮膚の下や内臓そして筋肉量など全身をくまなく調べ、これらの一連の情報を検査で判明すれば自身がどのようなタイプなのか判別できます。そのタイプが判別できれば、病院側がこれまで培ってきたノウハウを生かして運動と食事メニューを作成してくれるので効果が上がるのです。さらに大学など大型施設であれば、その場所を宿泊施設として利用できるので医師と相談しながらメニューをこなすことができます。病院ダイエットをする流れとしては、まず専門外来を見つけて予約をします。専門外来へは、実際に病院に言って予約をするだけでなくネットによる予約もできるようになっているので利用するとよいです。予約が完了したら、予約当日日に病院に行ってダイエットを成功させるために検査を受けます。肥満は3つの種類があるといいましたが、肥満と思われていた症状が糖尿病など重度の病気が隠れている場合があるからです。検査をして重度の病気が隠れていないかを確認出来たら、本格的な治療に入ります。準備をするものは、最初は宿泊込みで利用することになるのでタオルや歯磨きセットなどホテルに宿泊するときに利用する装備を整えておくのです。そのうえで食事メニューと運動療法を作成してもらい、最低でも1か月は施設で寝泊まりをして訓練します。そして症状が改善出来たら、通院してメニューと検査を受けることで体形をリバウンドさせずに維持できるようにします。